全国webカウンセリング協議会主催心理療法カウンセリング講座受講者の感想

 

☆今までのどこの講座よりも一番ピンとくるものを感じました。保護者にも参考になる講座で非常に貴重でした。現在苦しんでいる親たちも、もっとたくさん聴講できるようにまた、開講していただけたらと思います。(S・N)

☆大変、勉強になりました。いろいろなところへ相談に行って違うことを言われ、どの考えが一番いいか迷っていました。何が大事かわかった気がします。(E・A)

☆何だか手ごたえのようなものを感じました。他にも、いろいろな講演会に行きましたが、話を聞くだけで終わりのものばかりでした。このような講座を今後も続けていただけるとありがたいです。(T・S)

☆大変素晴らしい講座でした。不登校生徒と毎日接していますが、知識のなさから不適切な指導があったことがわかりました。ありがとうございました。【E・H】

☆まだまだ聞き足りませんので近いうちに又、再講していただきたいと思います。子どもを含めた親自身の学習に多いに役立ちます。(K・T)

☆悩んでいる方がもっともっと参加すれば、気持ちが楽になるのに。と感じました。(T・S)

☆夫婦だけで悩み苦しんでいたのですが、気持ちが、フーッと楽になりました。(J・K)

☆日常生活の中で、安川雅史先生に指摘されることをいやというほどやってるな〜と反省しました。これからもこのような講座を定期的にしていただけるとうれしいです。実践にとても役立ちます。(M・Y)

☆親である私が、講座に参加してからわり、12年間引きこもっていた32の息子が契約社員としてく事ができるようになりました。(HK)

2年間、拒食症で、札幌から、東京の食障害門の病院に通っていて、全く改善されず、最後の砦として、講座に私が加し、子どものカウンセリングも並行して行い、1ヶ月で普通に食事がとれるようになりました。(TS)

3年間精神科に入院していた迫神症の子が、熊本から、カウンセリングを受けに札幌に私と移ってきて、1ヶ月たちますが、ほとんど症は消えています。4月にたときは、文字が怖くて書けず、本も怖くてめなかったのが、今では、長い文でも大きなめ、文字もにせず書けるようになっています。 (KY)

☆他の体の講座と違う点は、講師の安川先生のわかりやすい明だと思います。一見難しいカウンセリング技術をわかりやすく解してくれ、多くの経験に裏づけられたお話には得力があります。今、現在、カウンセラとして活動をしていますが、これからも協議んだカウンセリング技術を向上させて、心の風邪を治す身近なカウンセラとして活動をけていきたいと思います。不登校等でんでいる本人やその家族の支えになるのは簡ではありませんが、反面とてもやりがいのあることだと思います。現在、そして将来、子どもとわるすべての方におめします。(KS)

☆安川先生のお話の最大の魅力は本物のお話を頂けるというところです。今後ともよろしくお願いお願いします。(AI)

☆現在、過去に受けた相談が思い出されて、あの時、こんな対応、こんな言葉をかけていたらと悔やまれます。安川先生のお名前は以前からお聞きしていましたが、いざ、講座を際に受けてみて、インパクトがすごかったです。(TK)

☆本物の講座を受けさせて頂き感謝です。今回は本に力をつけていただきました。心よりお申し上げます。(FE)

☆受講して本によかった。貴重な体となりました。ありがとうございました。(MH)

☆心にしみる講座ありがとうございました。傾することの意味、本に向き合うことの大切さが感できました。( KH)

☆現在、心理療法カウンセラ養成講座を受講中です。安川先生に初めておいし、一人一人にする暖かいお話に感銘しました。私に頂いたお言葉を、これからの勉に役立てていきたいです。ありがとうございました。(JH)  

☆今は老人介護の仕事をしていますが、今後、障害を持った子どもたちに携わる仕事をしたいと思っていますので、とても勉になりました。講座では、私自身の心の中をのぞいたようで、今後の生き方に考になりました。(YY)  

☆自分自身の未熟さを思い知らされました。この講座だけは、中途半端に終わらせたくないな。(KY)  

☆養成講座を受講させていただき大になりました。あらゆる角度からの視点の大切さやひとつのことにしての幅いこと・・・学ぶことにより、私自身、安川先生から助けられました。有難うございました。(S.N)  

校に勤務しているとカウンセリングの重要性を日々実感しています。私も子どもの心に寄り添い心のケアができる力を身につけたいと思いました。(YU)  

☆原事故で故を離れ、仮設や寮で生活している生徒たちの力になろうと思い講座を受講しました。早く生徒たちから信され心に寄り添うことができる本の力を身につけたいです。(AW)  

☆安川先生の講座を受け、高校2年の息子のいつもと違う子にづき、向き合ってみました。安川先生の「じっくり話を聞いて、かったと思うことは素直に謝ることが大切である」というえの通り息子の言い分けをすべて聞き、「ごめんね」と言いました。その一言で息子のは晴れ、笑顔がってきたときには、受講できたことに大感謝いたしました。(CS)

☆とても勉になりました。明日からの生徒の目線で心から生徒とれ合っていきたいと思っています。(N.S)

☆大になりました。員としてというより、母親として話を聞き入ってしまった自分がいることにびっくりしています。本校に不登校の生徒がいますが、子を見ながら対応していきたいと思っています。(M.I)

☆安川先生の講演とてもわかりやすかったです。自分自身子育ての反省がありてはまることだらけだったので、振り返ることができました。(Y.S)

☆私も過去に不登校になった時期があり、過去の自分はどう思っていたのか、今後、子どもと接するときはどうしていけばよいか、大きなヒントをいただきました。(A.S)

☆いつも安川先生の講座は心に響きます。年も絶加します。(M.Y)

☆とても具体的な容で時間を短く感じました。ありがとうございました。(K.N)

☆心理療法カウンセリングの技術や考え方をこれからの日本の員養成プログラムに取り組んでほしいと思います。(H.N)

☆家族とのつながりについてここまで真剣に考えさせられたことはありませんでした。(T.N)

☆大貴重な話を聞くことができて、とてもありがたいです。親としてぶことが山でした。(J.S)

3.11の震災津波で親が亡くなり、故を失った悲しみを心に封じめて校現場で生徒と向き合っています。安川先生にかけていただいた言葉が心に響きました。これからも一ずつ前に進んでいきます。

☆原稿を見ない講義を受けたのは初めてでした。安川先生のたましいのこもった言葉が心に響いてきました。(I.H)

☆とても、ひきこまれるような容でした。心療科に勤務し、子どもの相談がえてきたことから今回加させていただきましたが、自分自身のための講演にもなり持ちが凄くになりました。本にありがとうございました。(R.S)

☆素晴らしい講演でした。もっともっと勉したいと思いました。これからの童相談所の業務に活かしていける確信が持てました。(S.Y

 (過去の心理療法カウンセリング講座受講者からの感想です。)

 

http://ameblo.jp/yoko-1/entry-10548891570.html

 

http://saruhami.dtiblog.com/blog-entry-264.html

 

                                                  

全国webカウンセリング協議会の心理療法カウンセリング講座のお問い合わせは

全国webカウンセリング協議会

【本部事務局】

1050014

東京都港区芝159住友不動産ビル2号館5

TEL0368651911

FAX0368651918

URLhttp://www.web-mind.jp/

Mailinfo@web-mind.jp

理事長 安川雅史

 

全国webカウンセリング協議会いじめSOS

ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定
全国webカウンセリング協議会紹介
全国webカウンセリング協議会設立

全国webカウンセリング協議会各種講座

不登校児対応専門カウンセラー養成

全国webカウンセリング協議会の紹介ページ

子どもとネット トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務

子どもとネット 「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて

ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ

ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果

葬式ごっこ、裸の画像中高生「LINEいじめ」の実態

LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に

進化するネットいじめ 今、怖いのはLINE外し

ネット依存 - ニュースJAPAN- フジテレビ

誰も見ていないなら何をやってもいいのか?

ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え

 

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

NEW増刷中のため、発送が遅れる場合があります。

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著
判型 A5
体裁 単行本
定価(価格) 2,160円(税込み)
本体 2,000円
ISBN 978-4-324-10060-8
図書コード 5108196-00-000
発行年月日 2016年04月11日
     

内容

知っていますか? スマホの危険と対処法
教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! 


■「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――。ネット社会のトラブルの実際と、事前・事後の対応を一冊に凝縮! 

■なぜ子どもはスマホにハマってしまうのか。今どきの子ども事情を分かりやすく解説します!

■〈掲示板管理者への削除依頼方法〉〈個人情報の守り方〉といったテクニック紹介から、〈ネットいじめの相談にのる手順〉等のカウンセリング技術を分かりやすく解説! 

【親・教師が気付きにくい子どものリスク】
 1音楽プレーヤーやゲーム機でLINEができる!?
 2写真共有アプリで自分の児童ポルノ画像を投稿する子ども
 3匿名のつぶやきからも、個人が特定される!

目次


第1章  スマホに“操作される”子どもたち
 第1節  子どもをとりまくネットトラブルの実情
 第2節  ネットの罠に陥る子どもの素顔

第2章  危険!子どものスマホ・トラブル事例
 第1節  LINEで深刻化する「ネットいじめ」
 第2節  見知らぬ人とつながる子どもたち
 第3節  身も心も滅ぼす危険な「小遣い稼ぎ」 
 第4節  スマホ依存による生活習慣への影響
 第5節  ネットの世界で終わらない「炎上」の脅威

第3章  知っておきたい!トラブル回避テクニック
 第1節  SNSトラブルの未然防止策
 第2節  フィルタリング
 第3節  悪意の攻撃から子どもを守る方法

第4章  スマホ時代の子どもの守り方・育て方
 第1節  ネットいじめに対応する上での留意点〔教師の皆さんへ〕
 第2節  スマホ時代の子どもと向き合う〔保護者の皆さんへ〕

■ トラブル防止・解決の手引き(巻末資料)

--------------------------------------
著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)

安川 雅史…やすかわ・まさし/全国webカウンセリング協議会 理事長
昭和63年大学卒業後、北海道立の高等学校、私立高等学校に勤務。平成6年第一高等学院勤務を経て平成17年、全国webカウンセリング協議会理事、平成18年年同協議会理事長に就任。ネットいじめ、不登校、ひきこもり、少年犯罪問題等に取り組み、全国各地で講演会や研修会を行っている。過去10年間で、2000会場以上で講演会を実施。受講者数は40万人を超える。 

フリースクールみらいのつぼみ 

 





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています