LINEいじめ

 

全国webカウンセリング協議会

             安川雅史
 
LINE
は電話番号を知っている人たちだけがつながって無料でやりとりするアプリです。世界で5億人、日本でも5200万人が登録しています。最近では、LINEによるいじめが頻繁に起こっています。LINEには、メンバーを強制退会させる機能がありますが、グループメンバーを強制退会させて仲間はずれにするなどのいじめも横行しています。LINEでブロックされたりグループに入れてもらえないといういじめもあります。既読なのに返信がこないので学校でも無視されたり、嫌がらせを受けるなどのいじめの相談もあります。スマートフォンを持っていなくて、LINE仲間に入れず、現実でも外しにあったり、LINEで既読無視だと、いじめにあったり、既読がつかなくてもおかしいと言われたり、強制退会させられたり、自分を外した別なLINEグループを他に作られたりLINEに疲れたと言う声もよく聞きます。LINE_IDを出会い系掲示板に書かれ、知らない人からメッセージが多数届いて困っているという相談もあります。またLINEを始めてからどこで止めていいかわからず、自由な時間が作れない、勉強に集中出来ない、睡眠不足になったという中高生も多いです。

〇LINE依存症

 LINEは、相手がメッセージを読むと、既読と表示が出ます。メールとは違い、相手が読んだことが分かってしまいます。読んだに返信を送らないとトラブルになるため、ついLINEに依存してしまいます。仲の良い友達とグループを作ってやりとりをするグループトークに参加しなければ仲間から疎外されているような感覚に陥ってしまうので常にLINEをやり続けてしまう。スタンプも充実していて面白く、メールよりも手軽で時差がないので、いつまでも続けてしまい終わりが見えずLINE依存症になってしまう人が増えています。

 

LINEコミュニティーで出会い
友達登録やチャット、掲示板などの機能が備えられているため、出会いに利用している人がいます。しかし、LINEを出会い系として使用するのは危険であり規約違反です。性的な書き込みや、荒しなどの悪質行為はアカウント削除となります。
非公式のLINE掲示板がネット上に多数存在しております。それらの掲示板は公式ではありませんので、様々な悪質行為が行われているので注意が必要です。

 

 LINE

アカウントの漏えい、友人・知人に個人情報を知られた、友人・知人に個人情報を広められた、自分の友人や知人の個人情報を抜き取られた、ネットストーカーにあった、知り合いかも表示で友達になり詐欺に巻き込まれた、Facebookを荒らされた、社内で利用していて情報が漏れた、安易な書き込みにより刑事事件に発展してしまった。などのLINEがらみのトラブルも多発しています。


 

LINEいじめまとめ記事


 

LINEを安全に使うために

 


●電話帳の自動登録を行わない
●知り合いかも表示を「しない」に設定する
●友だち自動追加設定を「オフ」にする
※「友だちの自動追加」機能を利用するか否かは必須でなく任意で、登録時に利用しないことも選択できる。
●友だちへの追加設定を許可を「オフ」にする
IDの検索を許可設定を「オフ」にする
●メッセージ通知の内容表示設定を「オフ」にする
●タイムラインを新しい友だちに自動公開する設定をオフにする
●メールアドレスなど個人情報を記載しない
●信用できる友人ごとに公開設定を行う
●メッセージブロック・友達ブロックを有効に使う
●非公式LINEアプリ・掲示板は利用しない
●迷惑行為を受けたら通報する
LINEアプリは最新状態を保つ
●非公式LINEアプリ・掲示板は利用しない
●出会い目的での利用は行わない
LINEに設定した個人情報がどのように使われるかわからないので、初めて利用するときには、ケータイ電話番号の承認ではなく、Facebookアカウントでの承認がよい

 

 

悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?

子どもとネット トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務

子どもとネット 「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて

ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ

ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果

ネット依存 - ニュースJAPAN- フジテレビ

インターネットネット依存問題に取り組む関係機関

広がるリベンジポルノ
わが子をストーカーからどう守る
リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに
ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え

 

相談窓口

全国webカウンセリング協議会

http://www.web-mind.jp/

 

全国webカウンセリング協議会各種講座

全国webカウンセリング協議会いじめSOS

ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定
全国webカウンセリング協議会紹介
全国webカウンセリング協議会設立

わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態

急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」
ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に

葬式ごっこ、裸の画像中高生「LINEいじめ」の実態

LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に

進化するネットいじめ 今、怖いのはLINE外し 

手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界

情報モラル指導者研修ハンドブック

誰も見ていないなら何をやってもいいのか?

危ういプライベート画像交換
子どもとインターネット~安全に利用するために~
「ネットいじめ」とは?
LINEいじめが深刻化「面倒くさい」に仕返し、少女4人逮捕

不登校児対応専門カウンセラー養成

全国webカウンセリング協議会の紹介ページ 


問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

【本部事務局】

1050014

東京都港区芝159住友不動産ビル2号館5

TEL0368651911

FAX0368651918

URLhttp://www.web-mind.jp/

Mailinfo@web-mind.jp

理事長 安川雅史

 

 子どものスマホ・トラブル対応ガイド

NEW増刷中のため、発送が遅れる場合があります。

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著
判型 A5
体裁 単行本
定価(価格) 2,160円(税込み)
本体 2,000円
ISBN 978-4-324-10060-8
図書コード 5108196-00-000
発行年月日 2016年04月11日
     

内容

知っていますか? スマホの危険と対処法
教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! 


■「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――。ネット社会のトラブルの実際と、事前・事後の対応を一冊に凝縮! 

■なぜ子どもはスマホにハマってしまうのか。今どきの子ども事情を分かりやすく解説します!

■〈掲示板管理者への削除依頼方法〉〈個人情報の守り方〉といったテクニック紹介から、〈ネットいじめの相談にのる手順〉等のカウンセリング技術を分かりやすく解説! 

【親・教師が気付きにくい子どものリスク】
 1音楽プレーヤーやゲーム機でLINEができる!?
 2写真共有アプリで自分の児童ポルノ画像を投稿する子ども
 3匿名のつぶやきからも、個人が特定される!

目次


第1章  スマホに“操作される”子どもたち
 第1節  子どもをとりまくネットトラブルの実情
 第2節  ネットの罠に陥る子どもの素顔

第2章  危険!子どものスマホ・トラブル事例
 第1節  LINEで深刻化する「ネットいじめ」
 第2節  見知らぬ人とつながる子どもたち
 第3節  身も心も滅ぼす危険な「小遣い稼ぎ」 
 第4節  スマホ依存による生活習慣への影響
 第5節  ネットの世界で終わらない「炎上」の脅威

第3章  知っておきたい!トラブル回避テクニック
 第1節  SNSトラブルの未然防止策
 第2節  フィルタリング
 第3節  悪意の攻撃から子どもを守る方法

第4章  スマホ時代の子どもの守り方・育て方
 第1節  ネットいじめに対応する上での留意点〔教師の皆さんへ〕
 第2節  スマホ時代の子どもと向き合う〔保護者の皆さんへ〕

■ トラブル防止・解決の手引き(巻末資料)

--------------------------------------
著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)

安川 雅史…やすかわ・まさし/全国webカウンセリング協議会 理事長
昭和63年大学卒業後、北海道立の高等学校、私立高等学校に勤務。平成6年第一高等学院勤務を経て平成17年、全国webカウンセリング協議会理事、平成18年年同協議会理事長に就任。ネットいじめ、不登校、ひきこもり、少年犯罪問題等に取り組み、全国各地で講演会や研修会を行っている。過去10年間で、2000会場以上で講演会を実施。受講者数は40万人を超える。 


フリースクールみらいのつぼみ

 







このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています