ツイッターで人生を狂わせた若者たち

ツイッターで損害賠償
悪ふざけで載せた画像が取り返しのつかないことに!!
バカッターで人生を狂わせてしまった若者たち
損害賠償に踏み切る企業が続々

 
SNSに悪ふざけの写真を投稿するのは楽しいかもしれないが、一生取り返すことができない重たい代償を背負うことになりかねない。SNSの拡散力は最大です。自業自得とは言え軽はずみな投稿画像やつぶやきで一生を棒に振ることがないようにしてほしい。
 
 
 
2013年9月
 
●アニコム損害保険会社の社員が電車の網棚に寝そべる画像をmixiに載せる。その画像が広まり、会社が謝罪、関係者を処分
 
●広島県の大学生がツイッターに野外で尻を出した写真などを投稿。コンビニの冷蔵庫のガラス扉に学生3人が体を挟んだ写真を「暑いから涼む」とツイート。投稿した学生が無期停学、5人は1カ月の停学処分。
 
●鹿児島県の高校生が「今日暑くない?笑笑」とツイートし、アイスケースに頭をつっこむ写真を公開し炎上。教頭が謝罪。
 
●山口県の大学生が飲酒して線路で騒ぐ写真を投稿、炎上
 
●COCO壱のソースを直で飲む写真を兵庫県の高校生が投稿し炎上
●兵庫県姫路市の高校で軟式野球部員ら、飲酒画像を投稿して大会辞退
 
●北海道千歳市で「バイトの社長の付き合いで7時までのんでたんでもう限界です。バリバリ飲酒運転できました笑」と未成年で飲酒&飲酒運転をツイート、炎上。バイト先も特定される
 
●アラフェスに招待された北島康介さんがコンサート中に「アラフェスなう。」とツイートし、嵐ファンからのバッシングで炎上。
 
●奈良県で「コインランドリーの乾燥機の中、なかなか狭かった」とツイートし、乾燥機の中に入る写真を公開、炎上
 
●玉木宏さんのクレジットカード番号等を成田空港の土産屋の店員が投稿して炎上。画像を投稿したパート社員女性(19)を懲戒解雇し、画像を撮影した派遣社員女性(23)の派遣契約を解除
 
●北海道旭川市の高校生がアイスケースに顔をつっこむ写真を投稿
 
●北海道函館市しまむらの店長代理や社員を土下座させた写真を投稿、炎上。ツイートした女性の個人情報、親族の勤め先などが2ちゃんねるに流出
 
●宮城県仙台市で友達3人とNEWDAYS船岡店のコインロッカーに入る写真を投稿
 
●東京都調理師専門学生がスーパーの食材をつぶした写真を笑いながら掲載、炎上
 
●東京都で「線路に侵入」「冷蔵庫に入る」「アイスケースに頭を突っ込む」「電車のつり革にぶら下がる」全てをやっているアカウントが発見され炎上
 
●愛知県渥美線の線路内に立ち入った写真を投稿、炎上
 
●埼玉県の高校生が路上でタバコをくわえた全裸の写真を公開、炎上
 
●高校生が鹿児島本線箱崎駅にて線路に立ち入り写真撮影、炎上。逮捕
 
●東京都でコインランドリーの洗濯機の中に入る写真を投稿、炎上
 
●神奈川県の高校生が「本日の収穫」と漫画の万引きをツイート。全裸の写真や、自販機破壊なども投稿し炎上
 
●神奈川県でアイスケースに頭をつける高校生の写真をツイート、炎上
 
●山梨県でアイスケースに頭をつける高校生の写真をツイート、炎上
 
●新潟県で勝手に車庫内に侵入して電車のドアをこじ開けた写真を公開して炎上
 
●兵庫県神戸市で靴下屋で靴下を下半身に装着して店側が抗議、炎上。「全てのディスプレーを撤去、該当商品の撤去、什器の清掃消毒。法的措置を検討」
 
●「こんな牛寅いきたくない」とツイートし焼肉チェーン店牛寅(福井県)にて店員が尻を出した写真を公開、炎上。飲酒も発覚。
 
●北海道札幌市の女子高生が彼氏を連れて女子トイレで記念撮影してる画像をツイッターにアップ。住居(建造物)侵入罪が成立する可能性があると炎上
 
●ピザーラでバイト店員がネズミ死骸をピザの横に置き記念撮影で炎上。武蔵村山市のピザーラだと確認。営業を停止。「厳重な処分」も含めて検討
 
●神奈川県横須賀市で「挟まってる。きもい。」とツイートし、ファミリーマートの冷蔵庫扉で挟まっている男性と女性の写真を公開、炎上
 
●大阪府で「電車にひかれた(笑)」と阪急神戸線園田駅の線路に入る写真を公開、炎上。
●新潟県で「このたまったカルテを今から片付けんよ。まぢ白目。」とツイートし、個人情報であるカルテを晒しているを発見され、炎上。その後、Facebookやブログから本人情報が特定される。
●埼玉県で「セブンなう。」と4人の高校生が寝そべった写真を投稿、炎上
 
●新潟県の高校生が「このアイス3割引きらしいよσd(゜∀゜d)」とツイートし、アイスケースに入る写真を公開、炎上
 
●「俺らのサバイバルはレベルがちげーよ。今日は伊勢海老つかまえたわ笑最高」などとツイートし、伊勢海老の密漁写真をアップ。その他、京都伏見稲荷神社で全裸になっている画像などを投稿し炎上。早大人間科学部の学生が関与していたことが判明。厳正に処分
 
●神戸女学院大学生たちが公衆電話ボックスの中で花火大会で炎上
 
●スーパーのアイスケースに頭をつける新潟県の女子高生の写真をツイート、炎上
 
●三重県の高校生がミニストップの冷蔵庫に入った写真をアップし炎上
 
●東京都で水道の蛇口でお尻洗浄する大学生が発見され炎上
 
●JR西日本熊取駅の線路に立ち入った画像を載せて炎上
 
●白木屋のバイト店員(大学生)がキャベツの葉をくりぬいてマスクを作り、それを顔につけたまま厨房で喫煙。厨房にソファーを持ちこみ、そこに座ってくつろぐなどの写真を投稿し炎上
 
●三重県のはま寿司でタバコ刺して寿司を流して炎上
 
●静岡県のサークルKサンクスで「アイスにお辞儀。」とアイスケースにお辞儀して頭をつけている画像がツイートされ炎上。高校の生徒たちは「軽い気持ちでやった。大ごとになるとは思わなかった」とコメント。生徒と保護者、教諭らが同店に謝罪。商品の廃棄などにかかった費用を弁償金として支払った。
 
●兵庫県で線路に侵入した画像を載せて炎上
 
●中華料理大手チェーン「餃子の王将」で全裸になった客ら10人がその様子を
 
公開して問題となった件で、運営元の王将フードサービスは全員を告訴。
 
 平成25年9月3日
  各位
 
 会社名株式会社王将フードサービス
 
当社店舗内での客による不適切な行為に関するお知らせとお詫び
 記
 この度、当社餃子の王将金沢片町店(石川県)において、来店した客が従業員の制止
 にも係わらず、公序良俗に反する不適切な行為を行った上、当該画像を撮影し、インター
  ネット上に公開していることが判明いたしました。
 
 当社は当該画像が同店内で撮影された事実を確認し、昨日夕刻直ちに当該店舗の営業を
 停止いたしました。
 
お客様には、日頃からのご支援を頂きながらも、当社が掲げる「より美味しく、より
 早く、安全かつ衛生的な食事処として、末永く地域社会に喜ばれる店作りを追求する」
  使命の実現に取り組み続けている全従業員の努力にも係わらず、防止出来なかったことを
 心よりお詫び申し上げます。
 
この度の事態を全社の問題として厳粛に受け止め、教育及び指導を徹底するとともに、
  全社一丸となって信頼回復に努めるとともに、引き続きこのような行為の有無について
 調査を行い再発防止と改善に努めて参ります。
 
なお、当該店舗の営業継続については、退店を含め検討を行う考えであります。
 
また、本件については詳細な調査結果を踏まえ、今回の不適切な行為を行った当該客に
 対しては損害賠償等を請求する考えであります。
 
 以上
 
 10日、金沢市の金沢片町店を閉店することが決定。
 
 閉店の理由
 
 「公序良俗に反する行為があり、これ以上営業を続けられない」
 
 
 
 
 
 
 
2013年8月
 
●神奈川県の東急ストアの店員が勤務中に廃棄商品を口に入れて撮影、炎上
 
●兵庫県の高校生が「本屋でこんなにくつろいでる奴初めてやww」書店で本の上に寝転がり、読書している友人を撮影して炎上。同じ学生が「鼻から箸が自然に落ちる瞬間ww」とすき家で耳や鼻の穴に箸を突っ込んでいるところを撮影、炎上
 
●阪急京都線相川駅の路線に侵入して「ボーリング終わったなう」と写真を投稿、炎上。
●東京都の大学生が尻の穴に公園の蛇口突っ込む写真を投稿、炎上
 
●北海道のはま寿司で醤油さしを咥える男性の写真をアップして炎上
●愛知県のスシローで口に醤油さしを咥える彼氏の写真をアップして炎上
 
●東京都「のみいって朝マック行ったら人生でやばい経験をしたマクドナルドは一生信用しないいっきに酔いさめたわ泣拡散希望」と朝マックの商品「ソーセージマフィン」のチーズ部分に毛が付着している写真を投稿。「乗っかってる時点で偽装。」「自作自演乙www」と炎上
 
●北海道札幌市でコインランドリーの乾燥機に入っている画像を掲載し炎上
 
●「大倉山駅!」とツイートし、神戸市営地下鉄の大倉山駅の線路上で少年らがポーズをとった写真が公開され炎上。高校が確認したところ、2年生の17歳の男子生徒が、携帯電話を取るため線路に立ち入ったと確認。神戸市交通局は警察に相談。高校は2人の生徒を謹慎処分にする
 
●名古屋のスシローで醤油さしに直接口をつけ、炎上
 
●「中2病だから」北海道釧路町でパトカーに乗った写真投稿で炎上。逮捕
 
●「精米所なう」宮城県の高校生が精米機の中に入って撮影で炎上
 
●大阪市営地下鉄恵美須町駅にて、東播工業高等学校の学生が「人身事故なう」と飛び降りた写真を公開。生徒は自宅謹慎。
 
●ピザーラの店員がシンクに入ったり冷蔵庫に入っている写真を掲載し炎上。また西友のパンコーナーに上りガッツボーズなどもみつかる。「ピザーラ」を展開するフォーシーズが謝罪。該当店舗は営業停止、消毒実施。アルバイト従業員には「厳正なる処分を行う」高校が謝罪。飲酒、喫煙をしている写真に関しても謝罪。保護者会を開催、指導。
 
●お好み焼き屋「道とん堀市川鬼高店」で「道頓堀なう」とツイートし、ソース容器を鼻に突っ込んだ写真をアップし炎上。道とん堀が、千葉県内の該当店舗の営業を自粛。ソースとマヨネーズの容器を廃棄。事情を確認した上で今後の対応を検討。
 
 
 
「お客様がソースとマヨネーズの容器の出し口を鼻の中に入れるという不適切な行為」お好み焼『道とん堀』がお詫びを掲載
 
 
 
2013年8月24日
  株式会社道とん堀
 
 当店ご利用のお客様の不適切な行為についてのお詫びとお知らせ
 
弊社の店舗をご利用いただいたお客様が、ソース及びマヨネーズの容器の出し口を鼻の中に入れるという不適切な行為が、WEB上に掲載されました。
 
お客様のなされた行為とはいえ、弊社の店舗をご利用いただきました多くのお客様に対して、大変に不安、不快な思いをさせてしまいましたこと深くお詫び申し上げます。
 ただ今、本件についての事実確認の調査を行っているところではございますが、安心して弊社店舗をご利用いただくために、以下の措置を全店に徹底させました。
 
1. 毎日定例で調味料容器の洗浄を実施しておりますが、今回の事件を受けて、再度、本日営業開始前までに、すべての調味料容器を洗浄すること。
2. お客様がご利用いただいた後のソース及びマヨネーズの調味料容器のフタについては、すべて洗浄してから、新たなお客様にご提供すること。
 
その他の衛生環境につきましても、お客様へ安心・安全・おいしく・楽しい環境を提供するという弊社の店舗運営の理念に基づき、徹底して管理いたします。
  今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

 
 
●京都府でサラダバーを置く場所に下から顔を出した画像を投稿し解雇
 
●マックスバリュ大在店で鶴崎高校卒業生がアイスケースにダイブして炎上。逮捕
 
●京都府のコンビニでアイスケースに頭をつっこむ姿を投稿、炎上
 
●はちすか小六上野本店で「たけみちだりー(p_-)ねかせろよ。」とツイートし、友達と厨房で髪を洗う写真を投稿。未成年飲酒、喫煙、路上露出なども行う
 
●大阪府藤井寺の高校生がアイスケースに頭を突っ込む画像を投稿
 
●兵庫県で「ノンタンお空を飛びたいなー」とツイートし、家電量販店の洗濯機に入った写真を投稿で炎上
 
●「アイスがかってほしそうだったから買ったった」のツイートと冷蔵ケース内のアイスクリームの上に寝転んだ写真投稿で炎上。スーパーマーケットのカスミは、店舗のアイスクリーム類全てを撤去し、ケースの清掃及び消毒を実施したと発表。群馬調理師専門学校が謝罪、該当生徒と撮影した男子生徒(18)は退学処分。店側は被害額を確定させるなどした後、警察に届け出予定
 
●東京都のピザハットのアルバイト大学生がピザを顔につける姿を写真撮影で炎上
 
●東京都多摩市の蕎麦屋泰尚のアルバイト従業員が「洗浄機で洗われてきれいになっちゃった」とコメント付きで洗浄機に入る写真を公開、炎上。泰尚が「営業停止」を決定
 
●飲食店内の冷蔵庫に入り込んでいる写真を「バイトなう」などとコメント付きでツイート、炎上。ブロンコビリーが謝罪し足立梅島店の閉店を決定。アルバイト従業員を解雇し損害賠償を請求を検討
 
●丸源ラーメンのアルバイトが冷凍庫内のソーセージをくわえて炎上。店舗の食材を廃棄し、冷凍庫内の消毒。当該店舗休業。従業員に厳正な対応。不適切な行為を行った従業員を解雇処分
 
●埼玉県のミニストップ店員がM字開脚して自分の股間をスキャンしてる姿をアップして炎上。ミニストップから刑事告訴される。事件後もアカウントを消さず、無修正画像を貼り続ける。
 
●愛知県の「ほっともっと」店員が冷蔵庫の中で寝る写真を公開し炎上
 
●東京都の「バーガーキング」店員、大量のバンズに寝そべる写真公開し炎上。運営会社が謝罪、店員に厳重処分。社内のSNSのガイドラインに損害賠償を請求する可能性を明記。
大学は事実関係を確認中。確認後、学則に基づき処分を検討予定。
 
2013年7月
 
 
 
●ミニストップのアイスクリームケースの中に入り炎上。逮捕
●東京都のコンビニでコンビニのアイスケースに頭をつっこんだ写真を公開
 
●岐阜の看護学校生、検体内臓の写真を投稿で学校が謝罪。学生は退学
 
●USJのアトラクションのボートを転覆させるなどの迷惑行為を繰り返し「バックドロップで、柱に手ぶつけて手首骨折」と投稿し問題発覚。神戸大職員の付き添いで謝罪。学生の年間パスポートを没収し二度と入園しないという誓約書を提出。
 
2013年4月
 
 
 
●同志社大の学生が「USJ騒動見て」仏ディスニーランドで迷惑行為をしたり、下半身を露出させた写真を公開
 
 
 
 画像トラブル、ツイッタートラブル

 
全国webカウンセリング協議会 理事長 安川雅史
 
 
 
関東の高校生で、震災があった日に自転車でお年寄りをひいて、そのまま帰宅したことをブログにアップした子がいました。パスワードを入力しなければ見ることができない状態にしていましたがパスワードは簡単に破られてその子の悪事がいろいろ発覚し、ネット上で叩かれ大変なことになったケースがあります。タバコを吸っている画像や震災のときに友達ととった不適切なプリクラなど2ちゃんねるにまとめられ、その子の持っているブログやプロフ類はすべて閉鎖しなければならない状況になりました。通っている学校名や連絡先も書かれてしまったので、学校に批判の電話がひっきりなしに入り学校側も対応にしきれなくなり、警察に相談したが対応できないとの事で、警察から、全国webカウンセリング協議会に相談がありました。協議会が間に入り、2チャンネルを中心に削除依頼を送り、2チャンネルから書き込みは消えましたが、削除までに時間がかかったため、あっと言う間に拡散し、未だにその情報は残っています。最近の企業は、面接だけでは判断しないといいます。フェイスブックやツイッター、プロフ、ブログなども、やはり判断材料とするとの声を聞きます。先ほどの生徒も一生消えない傷を背負ってしまいました。また学校選びの際も、オープンスクールや、パンフレットだけでなく当然、今の時代の子は、ネットで受験したい学校の評判を調べます。悪評が書かれていたり、まずい画像を見つけると、別な学校を受験するとの声もよく聞きます。また当然、その情報は、LINEなどを通して仲間内に出回りあっという間に学校の評判は落ちてしまいます。生徒たちの間では、まずい書き込みやまずい画像を載せている子のことは分かっていますが、自分のことではないと無関心でいます。しかし自分の通っている学校のイメージが悪くなるということは、自分の評判を悪くしていることになります。そのことに気付かせなければなりません。 甲子園で3回連続、決勝までいった青森の光星学院は。決勝までいったときは青森県民も大喜びでした。しかし、野球部の部員の一人が、パスワードをかけたブログの中に、居酒屋にいった事とか、恋人と抱き合っている画像を載せていました。パスワードは解読され、ブログに書いていた内容は誰でも見れる状態になってしまいました。高野連はすぐにこれを問題視し、準優勝が取り消し寸前になりましたが、結局準優勝は認められました。しかし、それ以降、光星学院の悪評がネット上では止まらなくなり、未だに酷い書き込みがあふれています。たった一人の生徒の行動が学校の評判をあっと言う間に落としてしまう時代なのです。中部地方で、トラックにひかれて亡くなった中学生の男子が地元新聞に実名入りで報道されました。単なる死亡記事だったにも関わらず、その子の名前から当時書いていたブログやプロフがネット上で話題となったのです。『彼女といちゃついていて帰りが遅くなり、深夜に自転車に乗っていたのが悪い』などと書かれ、当時付き合っていた彼女の画像までもアップされてしまいました。亡くなられた男の子のご両親から「このままでは、うちの子は天国にいけない」と全国webカウンセリング協議会に相談がありました。
 
こちらで、即、対応し、今はこの子の名前で検索してもヒットしてこない状態までは持っていけました。ネット上では、独自に見つけた面白いもの、スクープなどを紹介し、そこにリンクを張って論評する人も多いです。またそれが興味をひくものであれば、コピーされてあっという間に広がってしまい対応ができなくなってしまうこともあります。また、新聞、テレビで名前が出ると面白がってその人の情報を調べて、まずい書き込みや画像を見つけると、その情報とあわせて、まずい書き込みや画像を載せ、日本中の人たちからたたかれるのを見て楽しんでいる異常な人もいます。2011年5月11日千葉県の公園で集団暴行にあって亡くなった高校生がいました。犯人は全員未成年でしたが、ネット上では殺人に加わっていた子どもの情報、人間関係がすぐにアップされました。殺人犯と付き合っていた彼女の家には、嫌がらせの電話が鳴りっぱなし、家にも嫌がらせをしに押しかけてくる人もいて、家族が崩壊状態になり、ご両親から相談がありました。全国webカウンセリング協議会ですぐに対応し、今はこの子の名前で検索しても出てこない状態まで持っていけました。2013年の夏、うたうんだ村でバイトをしている埼玉県の高校3年生が、ツイッターにカラオケ店の個室で性行為をしているカップルの画像を載せてしまいました。あっという間につぶやいた子が特定され、つぶやいた女の子の学校名や、個人情報や悪口が広まり、すぐにこの子は焦って謝罪しましたが悪口は収まらず、更に炎上してしまいました。今も、この子の名前、画像検索をするとすぐに出てきます。将来、恋人ができて付き合うようになっても、なにげなく彼女のことをネット検索すると、悪口や酷い画像で埋め尽くされているとさすがに付き合うのをためらうでしょう。某有名大学の生徒がミクシィー内に友達と悪ふざけで下半身の画像を載せて遊んでいました。当然誰にも見られないようにパスワードは設けていましたがパスワードは解読され、下半身の画像が誰でも見れる状態になっていました。また、出身幼稚園、出身小学校、出身中学校、出身高校、大学のゼミ、バイト先、バイト先の電話番号まで、さらされました。翌日、バイト先や、大学にも野次馬が押し寄せ大変なことになってしまいました。結婚して子どもができて、子どもがお父さんの名前でネット検索する可能性もあります。子どもは父親のことをどう思うだろうか?ツイッターはバカター、馬鹿発見器といわれています。ツイッターでつぶやいた内容は取り消しが聞きません。高校生が「今から大好きな●●先輩と居酒屋にのみに行く」とつぶやけば、あっと言う間に個人が特定されて学校にクレームの電話が入り、ネットでの攻撃の的になってしまいます。ネットで攻撃がはじまると24時間365日精神的に追い詰められていきます。岩手県の議員さんも、病院に行き、病院の対応に腹が立ち、お金も払わないで帰ってきたことをネットに書き込み、ネット上で罵声を浴びつづけ、自分で命を絶ってしまいました。子どもから相談があったとき、「見るんじゃない」「気にするな」と無責任なことを言う大人がいます。子どもの命を守るために親や教師がしっかりとした対応を学ばなければ取り返しがつかないことになります。教師も生徒も自分たちの学校を自分たちで守っていく手段を学ばなければなりません。今は、全国webカウンセリング協議会には、年間240以上の講演依頼が全国の中学、高校から殺到し、講演をした学校ではトラブルがなくなったと報告を受けています。ネットが原因で教え子が命を落としてしまった学校の校長も毎年予算取りをして講演会を開いてくれています。今の子は言っても聞かないと言う声を良く聞きますが、本当に生徒の心に響く話ができていますか?同じ事を話しても生徒たちの心に響かなければ全く意味がないのです。

ネットいじめ・LINEいじめニュース
2013年9月13日(金)東京新聞

子どもとネット 「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて


2013年09月13日 (金)リクナビ進学ジャーナル悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?
2013年8月30日(金)東京新聞

子どもとネット トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務

2013年8月27日(火)産経新聞手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界
2013年8月26日(月)産経新聞ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に
2013年8月25日(日)産経新聞急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」
2013年8月19日(月)毎日新聞LINE:「突然仲間外れ」子供トラブル相談急増
2013年8月17日(土)東京新聞 

ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果

2013年8月15日(木)東京新聞

ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ

2013年8月4日(日)産経新聞LINEいじめ”の構造 届かぬ外部の目 「学校裏サイト」との違いは
2013年2月25日日経新聞わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態

葬式ごっこ、裸の画像中高生「LINEいじめ」の実態

LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に

進化するネットいじめ 今、怖いのはLINE外し 

ネット依存 - ニュースJAPAN- フジテレビ

全国webカウンセリング協議会各種講座 

インターネットネット依存問題に取り組む関係機関

広がるリベンジポルノ
わが子をストーカーからどう守る
ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え
リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに

誰も見ていないなら何をやってもいいのか?


問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

【本部事務局】

1050014

東京都港区芝159住友不動産ビル2号館5

TEL0368651911

FAX0368651918

URLhttp://www.web-mind.jp/

Mailinfo@web-mind.jp

理事長 安川雅史


子どものスマホ・トラブル対応ガイド

NEW増刷中のため、発送が遅れる場合があります。

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著
判型 A5
体裁 単行本
定価(価格) 2,160円(税込み)
本体 2,000円
ISBN 978-4-324-10060-8
図書コード 5108196-00-000
発行年月日 2016年04月11日
     

内容

知っていますか? スマホの危険と対処法
教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! 


■「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――。ネット社会のトラブルの実際と、事前・事後の対応を一冊に凝縮! 

■なぜ子どもはスマホにハマってしまうのか。今どきの子ども事情を分かりやすく解説します!

■〈掲示板管理者への削除依頼方法〉〈個人情報の守り方〉といったテクニック紹介から、〈ネットいじめの相談にのる手順〉等のカウンセリング技術を分かりやすく解説! 

【親・教師が気付きにくい子どものリスク】
 1音楽プレーヤーやゲーム機でLINEができる!?
 2写真共有アプリで自分の児童ポルノ画像を投稿する子ども
 3匿名のつぶやきからも、個人が特定される!

目次


第1章  スマホに“操作される”子どもたち
 第1節  子どもをとりまくネットトラブルの実情
 第2節  ネットの罠に陥る子どもの素顔

第2章  危険!子どものスマホ・トラブル事例
 第1節  LINEで深刻化する「ネットいじめ」
 第2節  見知らぬ人とつながる子どもたち
 第3節  身も心も滅ぼす危険な「小遣い稼ぎ」 
 第4節  スマホ依存による生活習慣への影響
 第5節  ネットの世界で終わらない「炎上」の脅威

第3章  知っておきたい!トラブル回避テクニック
 第1節  SNSトラブルの未然防止策
 第2節  フィルタリング
 第3節  悪意の攻撃から子どもを守る方法

第4章  スマホ時代の子どもの守り方・育て方
 第1節  ネットいじめに対応する上での留意点〔教師の皆さんへ〕
 第2節  スマホ時代の子どもと向き合う〔保護者の皆さんへ〕

■ トラブル防止・解決の手引き(巻末資料)

--------------------------------------
著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)

安川 雅史…やすかわ・まさし/全国webカウンセリング協議会 理事長
昭和63年大学卒業後、北海道立の高等学校、私立高等学校に勤務。平成6年第一高等学院勤務を経て平成17年、全国webカウンセリング協議会理事、平成18年年同協議会理事長に就任。ネットいじめ、不登校、ひきこもり、少年犯罪問題等に取り組み、全国各地で講演会や研修会を行っている。過去10年間で、2000会場以上で講演会を実施。受講者数は40万人を超える。 

フリースクールみらいのつぼみ





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています